So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

神戸モーニングロータリークラブ [弁護士業について]

 今年も残すところわずかになりました。

 私が今年新しく始めたことの一つに,「神戸モーニングロータリークラブ」での活動があります。
 クラブのHPはこちら↓
 http://kobe-morning.com/

 「ロータリークラブ」というのは,さまざまな職業の人が集まる奉仕団体で,各地にあります。
 これまで,先輩の弁護士が入って活動しているということをしょっちゅう耳にしていましたが,私自身としては接点がありませんでした。
 どちらかといえば,年配の方が中心の団体というイメージでした。

 お世話になっている知り合いの方が「神戸モーニングロータリークラブ」の中心となっていることから,4月頃に声を掛けて頂き,入ることになりました。

 「ロータリークラブ」とは 以下 Wikipediaより引用
(引用開始)
 ロータリークラブ (Rotary Club) は、国際的な社会奉仕連合団体「国際ロータリー」のメンバーである単位クラブである。その構成員のことをロータリアンという。最初のクラブが例会場所を輪番(ローテーション)で提供しあったことから「ロータリー」の名がついた。
                                    (終わり)

 日本には,2200以上のクラブがあり,日本の会員の数が8万人以上いるそうです。
 
 神戸にも幾つもクラブがありますが,「神戸モーニングロータリークラブ」は一番新しいクラブです。

 日本のロータリークラブの多くは,会社経営者や,弁護士,医師などの自営業者が中心で,ホテルで昼食や夕食をとりながら,週1回の例会を行うというスタイルです。

 私の入った「神戸モーニング」は,ちょっとこれと違っていて,構成メンバーは自営業者が中心ですが,会社員の方もいて,週1回の例会は

 朝7時から8時前まで 
 食事無しで

行います。
 このスタイルは,普段の仕事の時間に食い込まないし,また,(ホテル等の高価な食事がない分だけ)会費が低く抑えられる,というとても参加しやすいものです。
 
 私がこのクラブに入ったのも,時間帯が参加しやすかったことが最大のポイントでした。

 私の場合,平日の昼間に時間をつくるのは大変ですが,朝5時半に起きて7時から8時の例会に参加するというのは何の苦もありません。

 で,そんなに朝早くみんなで集まって何をしているか?というと,

・ 例会では,「卓話」といって,各方面で活躍している人から,最新の社会的取組や企業の取り組みについての話をしてもらうことが多いです。

・ また,クラブ全体としては,清掃活動などの体を動かす奉仕活動や,ポリオ(小児麻痺)撲滅のための寄付活動などをします。

 こういう奉仕と,メンバーが集まって行う親睦活動(飲み会,ゴルフコンペその他)を行っているというものです。

 
 それで,「行ってて楽しいの?」と思われる方おられるかも知れませんが,これは「楽しい」です。

 大人になって,家族・職場以外で週1回同じメンバーと顔を合わせるということはめったにあることではありません。
 週1回のペースで会っていると,心の距離はぐっと近くなります。
 それが,自分とは別の職種でバリバリ活躍されている方々,元気で,色んな意味で面白い方々なのですから,これは「楽しい」です。
 
 特に,私の入っているクラブは,クラブ自体も「若い」ですし,メンバーの大半が30~50歳で歳が近く,とても溶け込みやすいクラブでした。

 このクラブで活動することで,今年は,これまで以上に,弁護士活動をするときに広い視野やフレッシュな感覚を持てているように思います。

 神戸モーニングロータリークラブとしての活動でも,たくさんの人の役に立てること,世の中をよくすることに繋がることを,これからたくさんしていきたいと思っています。


PS 神戸方面のビジネスパーソン(でなくてもいいですが…)の方で,ロータリークラブに興味がある方は,是非,このクラブ参加をご検討下さい!仲間になりましょう!

nice!(4)  コメント(0) 

「マンガでやさしくわかるCSR」(足立辰雄著) [読書するなり!]


マンガでやさしくわかるCSR

マンガでやさしくわかるCSR

  • 作者: 足立 辰雄
  • 出版社/メーカー: 日本能率協会マネジメントセンター
  • 発売日: 2017/11/30
  • メディア: 単行本



 CSRとは,企業のマネジメント手法の一種です。
 言葉の意味は,
 
 C Corporate      企業の
 S Social         社会的     
 R Responsibility 責任

です。
 
 「企業の社会的責任」がマネジメントの手法!?と思うわけですが,

自然環境や社会環境へのダメージ(温室効果ガスや有害物質の排出,リサイクルされない使い捨て材料の大量使用,長時間労働による健康への悪影響など)を少なくして社会から信頼される会社を作るための持続可能なマネジメントの手法

のことを「CSR」と呼ぶのだそうです。

 簡単に言えば,短期的な金儲け主義に走り社会的信用を失う,という在り方とは反対のモラルのある(信頼される)会社を目指すマネジメントというイメージだと思います。

 最近,「コンプライアンス(法令遵守)」に関するニュースが多く取り上げられ,製鋼所の「データ数値改ざん」などが報じられています。

 「CSR」は,「コンプライアンス(法令遵守)」はもちろん,法令に反しなくても,地球や人に優しい会社の在り方を目指すものです。

 それは会社の発展(利益も上げなければならない)と両立するの!?という疑問も当然ですが,そこは,この本の

マンガ 今治のタオル会社を継いだ娘さんの物語

 +

解説

を読んで,どのように両立,というより,「CSR」を会社のマネジメントとして具体化しながら,それも活かして会社を発展させていくか?というところを読んでいただければ,という内容です。

 私も「CSR」の話をよく聴くようになったものの,基本的な知識や,具体的なイメージがなかったので,この本を読んでとてもためになりました。

 弁護士などは特に,自分が儲けるために人の間をこじらして「事件」にするなどはもってのほかであり,結局,関わる人(依頼者相談者)がより活き活きとして生きるためにはどうすればいいかを最優先に考えて手助けする,ということが大切です。
 してみると,「CSR」のコンセプトは,私が司法修習生や新人弁護士だったころからずっと先輩法律家に教えてもらった理念とすごく通じるものがある,と感じます。
 
 自分の仕事もそうであるし,また,「CSR」を取り入れた会社経営,事業経営をしたいという方の手助けもしたい,とこの本を読んで感じています。


 
 


nice!(5)  コメント(0) 

カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」 [読書するなり!]


わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

  • 作者: カズオ・イシグロ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2008/08/22
  • メディア: 文庫



 ノーベル文学賞のカズオ・イシグロ氏。
 すごい小説です。

 特殊な運命の中にある主人公たちの,子どもから大人へ,自分たちを取り巻く環境が徐々に見えてくる様,その中での心情を精緻に描いた,ものすごい作品です。
 
 精緻といっても設定自体が特殊なものなので,そのなかでの心情描写,人間同士の交わりの描き方を私が読んで「精緻」と感じるのは,作者の人間存在への洞察が非常に深いからだ,と思います。

 難しい言い方になりましたが,とにかく,人間を見る目,描く力のすごさに感じ入りました。

 最初から一定の刺激があるというタイプの小説ではありません。

 しかし,じっくり読んでいると,ある章あたりからギュイーンと引き込まれて,電車が目的駅に到着するのも忘れてしまうくらい。
 真に力のある小説とはこういうものか,と思いました。

 まだの方,是非読んでみられることをお勧めします。

 小説の力,文章の力を感じることが出来ます。



nice!(5)  コメント(0)