So-net無料ブログ作成

紅白で印象に残った曲~「Dragon Night」(sekai no owari) [音楽は素晴らしい]

 皆様、明けましておめでとうございます。

 日常、目の前の業務やら、家のことなどに忙殺されていると、自分が一体何を目的に生きているのか(そもそもそんな「目的」があるのか)分からなくなりがち。
 年末年始、そんな日常から少し離れてみると、何か「思い出す」ものがある。

 紅白歌合戦をみていたなかで、

「Dragon Night」(sekai no owari)

が印象に残りました。

 sekai no owari というバンド名らしくないバンド名のバンド。
 格好も何も、全て、私の馴染みの「バンド」と違うなあ。
 何せ、私の馴染みの「バンド」といえば、ボウイとかXとかだからなあ。
 
 曲調も、何とも言えず、ふわふわした感じだなあ。

 などと思いながら聴いていると、凄く良い歌じゃないですか。

 
 
 終わりの来ないような戦いも今夜は休戦して、みんなで歌い踊る、というテーマの歌です。

 そして、争いが起こる理由や、人が人を憎む背景にも 

・ 人それぞれに「正義」があり争いがあること自体は仕方ない

・ 自分の嫌いな「彼」にだって「彼」なりの理由がある

と洞察し、想像する歌詞。

 
 考えの違う者や、対立する立場の相手を「悪」と決めつけず、人に対する洞察・想像をしよう、そして、戦いを一夜「やめる」(「休む?」)だけでも価値がある、そういうことを歌っているように思えました。
 
 これを、いかにも現代的なキャラの若者たちが歌っていたのが素晴らしかった。

 サザンオールスターズが「ピースとハイライト」で、「隣り合う者」同士の相互理解と平和を願う歌を熱唱していて、これも良かった。

 「ラブアンドピース」というのは世代共通の願いだけれども、それぞれの表現方法があるなあ、と思い、面白かったし、明るい気持ちにさせられました。

 私は平和を創りたい。
 とはいっても、私は、プラカードを持って「反戦」と叫ぶ活動をしているわけではない。
 「戦争」はしていない日本の中でも、人と人とが憎み合ったり、争ったりしている、その一つ一つを最終的に「平和」にしたい、そのための役に立つと思うから弁護士をしているということでした。
 でも、人相手だから、人には色んな反応がある。
 他人から見て心地よくない「反応」もある。
 が、それだって、「彼なりの理由」がある、そこに目を向けなければ現実に解決出来ない。

 一歩一歩ですが、大きな平和、小さな平和、いずれをも創造することに繋がる1年にしたいと思います。 

                                   弁護士 村上英樹(神戸シーサイド法律事務所
nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 3

shira

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

by shira (2015-01-05 22:12) 

シルベーヌ

きっと創造することができると思います…Bon Courage♪
by シルベーヌ (2015-01-07 06:04) 

hm

shiraさん
 ナイスコメントありがとうございます。
 こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします。

maiさん
 ナイス有り難うございます。

シルベーヌさん
 コメント有り難うございます。がんばります。
by hm (2015-01-08 18:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0