So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「国語が子どもをダメにする」(福嶋隆史さん著) [読書するなり!]


国語が子どもをダメにする (中公新書ラクレ)

国語が子どもをダメにする (中公新書ラクレ)

  • 作者: 福嶋 隆史
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2012/08/09
  • メディア: 新書



 今年も最後になりました。
 今年一年、色んな方にお世話になりました。ありがとうございました。

 法律問題などと直接関係がないのですが、最近読んだ本の中で、この本が印象に残ったので、ご紹介します。

 私は弁護士になる前、関西のとある有名進学塾で国語の講師のアルバイトをしていました。

 自分なりに工夫して指導したつもりですが、真面目に考えれば考えるほど、置かれた状況の限界にぶち当たりました。

・ テスト問題を題材としたテキストで、文章の流れを黒板で図解する+何問かの設問を解く、というような授業がモデルとされているが、これで生徒の力を伸ばせるのか?

・ そもそも日本語を構成する力を自分で培う機会がないのではないか。それなくして、文章の正確な読み取りをするのも難しいのではないのか?(特に、小学3年や4年の低学年で、テスト問題を題材としたテキストで、普通に読解の一斉授業をして、一体どれだけのことが身につくのだろう?)

など色々。

 自分なりに、塾指定テキスト等のやり方をはみ出して、勝手に、記述指導のようなことを試みたこともあるのですが、毎週ある学習範囲を確認する「テスト」の点数に直結しないため、多くの保護者にも余り歓迎されませんでした。
 実際、成績によってクラスが変わり講師も変わってしまうため、私だけが独自の工夫をしても、かえって混乱を来すだけの状態でしたので、勝手にやった記述指導も長く続きませんでした。

 私自身は、落第した中学受験でも、合格した高校受験、大学受験でも、どれをとっても国語で苦労したことは一度もありませんでした。
 中学入試の国語の読解問題をはじめて見たのは小6の秋ですが、はじめから大体の設問には答えることが出来ました。
 これは自慢でも何でもなく、田舎育ちで、塾も周りになかったために、入試問題を解くという機会がなかったがために、別の形で、(時間も余るほどある中でじっくり)日本語の読み書きの力をつけていたから、そして結果的にはそれが良かった、ということだったと思っています。
 新聞の熟読したり、コタツに入って国語辞典、漢和辞典を眺め回したり、(テレビは1日1時間ルールというのがあったので結果的に)たくさん本を読んだりしました。
 田舎の学校でした。特に、小学1,2年はクラス10人の少人数でした。先生は、生徒の「書き」についても、相当丁寧に見てくれたと思います(その余裕があったということでしょう)。
 3年以降でも、家で「書きもの」をする時間も機会もたくさんありました。
 今思うと、今の都会の子より、日本語を使う力を培うという意味では恵まれていました。

 ですので、私が塾講師時代抱えていた矛盾は、自分が国語力を身につけてきたプロセス、大事だなと思う要素、と、塾での指導形態の違いでした。
 言ってしまえば受験の国語についても、「国語の入試問題に触れないで違うことをじっくりやるほうが、結局は早道なのでは」という思いです。
 まあそんなもやもやをかかえたまま大学卒業と同時に司法修習生になり、国語講師はそこでやめました。

 そういう経緯があるので、この本が書店にあったとき目に止まったわけです。

 かなり辛口な本ですが、著者の福嶋さんの言われること、私なりに理解したところを粗くまとめると、

・ 文の型を使いこなす基礎トレーニングを子どもがきっちりやる機会こそ大切だということ

・ 入試の国語問題には、読み書きの能力を正確に測ることとの関係で、意味が余りない、あるいは、邪魔になる設問が多いということ(たとえば脱文挿入や抜き出し問題などに多い)

・ 「国語力」というが、基礎となるのは、論理的思考力そのものであること

など、その通りだなあと思いました。
 読んでみると、私が国語講師時代に感じていたこととかなり一致するようにも感じました。  

 そして、日本の国語教育を変えたい、という熱い思いを語っておられるので、著者の福嶋さんには大いに期待したい、と思いました。
 私としては、これからの子供たちのことを思うと、中高大の国語の試験問題の出題者が、手っ取り早い「ふるいわけ」というのではなく、その出題を通じて(またその試験問題が教材となることも見据えた上で)生徒を伸ばすことを考えた設問を作るべき(これは一種の愛情の問題であるとさえ思う)、その視点で一から自校の出題スタイルを練り直して欲しい、という思いが強いです。

                       村上英樹(弁護士、神戸シーサイド法律事務所


                 


 

nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 6

心如

 記事を拝見し、『国語が子どもをダメにする』というタイトルの本ですが、書かれている内容は、国語という授業や試験が子どもをダメにしているのであって、国語(=日本語)自体が子どもをダメにしているわけではないと感じました。問題なのは、国語という教科の教え方や理解度を確認する方法(≒教育制度)であって、国語が子どもをダメにするというよりも、いま現在の教育制度が子どもをダメにしているというほうが妥当なのではないかと思います。
by 心如 (2012-12-27 19:34) 

shira

 私は中学までは国語は苦手というか嫌いでした。理由は漢字練習と物語を読むのか嫌いだったからです。高校以降はリクツっぽい文章が多くて割と得意でした。
 息子たちの高校受験勉強をコーチしたとき、一番うまくいったのは国語でした。国語のテストはすべて理屈で正解が決まるようになっているので(そうでないと説明責任が果たせない)、その理屈を訓練したんです。
by shira (2012-12-27 23:10) 

mai

hmさん、こんにちは。低学年のころ、少人数教育を受けておられたのですね。10人でしたら、とても丁寧にみていただけたでしょう☆

国語と入試については、今昔の大学入試で自分の「実力」がわからなくなっていまだに謎なので、ちょっと書いてみますね。
・hmさんと同じく、小中高と国語で苦労したことはありませんでした。本を読むのが大好きでその延長線上で入試問題も普通に読んで答えてしていました。国語をあえて「勉強」するという意識はなかったですね。hmさんと同じ大学の入試問題も手応えは良かったです。そして周囲の友人も国語で苦労している様子はなかったです。
・このたび高齢受験生をして、ネットなどで情報収集をしていて、「国語が苦手」「センターで国語だけ点が低い」という学生さんがけっこう多いことに驚きました。しかし私は以前の得意意識があり勉強時間も取れないので国語はやはり勉強しませんでした。そうするとセンターはまあまあできたのですが、個別試験では穴埋め問題は大半間違えてしまいました(予備校発表の解答と比べて)。記述問題は評価できず点数開示もしなかったので今回の入試の得点はわかりませんが、少なくとも今回の入試ではセンターも含めて国語が得点源にはなりませんでした。

自分の国語力が落ちたのか?国語入試解答力が落ちたのか?年齢とともに深読みするようになったのか?問題の傾向が昔と変わったのか?現代の学生さんで苦手な人が多いのは内田樹さんが書いていたように、「毎年、学生の国語の点数が1点ずつ落ちている」というように、日本の学生さんの国語力(得点力)低下を反映しているのか?

そのあたりがわからず、もっと考えてみたいのですが時間がなくてそのままになっています。たくさん本を読んでいたら自然に国語ができる・・・という時代ではなくなった(出題傾向が変わった?)のだろうかと思ったり。謎です。
by mai (2012-12-28 06:56) 

hm

心如さん ナイスコメントありがとうございます。
 その通りだろうと思います。
 特に、国語という教科については、いい加減な教育内容になりやすい、ということのようです。

shiraさん ナイスコメントありがとうございます。
 まさに、論理の力そのものですので、ちゃんと論理力に焦点を当てて身につけてしまうと、効果抜群ですね。
 ですので、個別指導なら、学び手によっては、面白いように上手くいきますね。
 ただし、効果的な指導を集団授業でやるのは、よほど工夫しなければ難しいです。

maiさん

 ナイスコメントありがとうございます。
 うーん、問題が悪いのか、自分が悪いのか、何なのかもよく分からないのが「国語」の気持ち悪いところですね。
 ただ、私が受験するとしても、18歳のときだと、純粋に「解く」(=得点する)という目的にだけ集中できたのが、大人になってからだと「こんな設問、何の意味があるの?」とか「もっと本質を訊けよ」とか色々感じてしまうんじゃないかなあ、とか思ったりします。変な問題があると気が散る、とか。
 若い頃は、気が散ったりしませんでした。「受験はこういうもの」と割り切って他に迷いはない、の境地でした。

 というのがmaiさんの場合にあてはまかは分からないのですが、こんな風な感じで、私も、これから受験すると国語で意外と苦戦するかも、と思った次第です。
by hm (2013-01-07 11:28) 

しつもん

このブログのコメントは承認制ですか?
by しつもん (2014-02-24 19:41) 

クレーマー&クレーマー

>日本の国語教育を変えたい、という熱い思いを語っておられるので、著者の福嶋さんには大いに期待したい

同感です!! 私はまだ読んでいないのですが、すぐに読みたくなりました。

文章を書くための本は読み切れないほどに出版されています。しかし、そういう本の中にも記述のおかしな本もあります。

ある著者に、その著書の意味不明なところを問い合わせたところ、「文章がヘタですみません。こんなわけがわからんことを書いていてはいけませんね」という回答がありました。

その著者は素直に自分のミスを認めました。しかし、まったくそれを認めない著者もいます。著者としてのプライドが素直になることを妨げているのかなと思います。情けない限りです。

by クレーマー&クレーマー (2014-02-24 19:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0