So-net無料ブログ作成
検索選択

シンポジウム「成年後見制度の活かし方~障がい者の権利擁護を中心に~」(2月25日) [弁護士業について]

 私が代表幹事をやっているシルバー法律問題研究会(高齢者・障がい者の権利擁護について、行政、法律家、学者、介護職その他でつくる研究会in神戸)がシンポジウムをします。

 前半は、障がい者の権利擁護・意思決定支援について、条約・法律と社会の在り方などを植戸貴子さん(神戸女子大学教授)から講演していただきます。
 いつも、この研究会で、植戸教授からは、障がい者の権利擁護などについて、時代の流れ、世界各地では日本と全く違う在り方があることなども含めて、視野を広げてもらえる話をきかせてもらっています。内容が充実しているうえに、聴いているとついつい興味をもって引き込まれてしまう話をされています。
 
 そして後半は、障がい者・高齢者を対象とした成年後見のいろんなケースについて、ケーススタディをします。
 成年後見制度を使うのは、どんなケースに有効か?
 後見制度利用中に本人が死亡したとき、成年後見人は何をしなければならないか?
などを、弁護士、司法書士、社会福祉士のパネルディスカッション形式で行います(私はコーディネーター)。

 定員ありますが、まだ余裕はあります。
 
 関西方面で、成年後見制度や高齢者・障がい者のことに興味がある方、ぜひお越しください。


シンポジウム「成年後見制度の活かし方~障がい者の権利擁護を中心に~」

【日 時】 平成29年2月25日(土) 13:30~16:15

【会 場】 たちばな職員研修センター3階 研修室

【対 象】 福祉・保健・医療等の関係者(定員160名・先着順)

【参加費】 無料

【主  催】 神戸シルバー法律研究会・第三者後見ネットワーク連絡会・神戸市社会福祉協議会・神戸市

申し込み先などは↓から

https://www.with-kobe.or.jp/topics/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%80%8C%E6%88%90%E5%B9%B4%E5%BE%8C%E8%A6%8B%E5%88%B6%E5%BA%A6%E3%81%AE%E6%B4%BB%E3%81%8B%E3%81%97%E6%96%B9%EF%BD%9E%E9%9A%9C%E3%81%8C%E3%81%84/


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。