So-net無料ブログ作成
検索選択

「ポピュリズムとは何か 民主主義の敵か、改革の希望か」(中公新書 水島治郎著) [読書するなり!]


ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か (中公新書)

ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か (中公新書)

  • 作者: 水島 治郎
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/12/19
  • メディア: 新書



 面白そうな本なので読んでみました。
 
 世界的に「ポピュリズム」とも呼ばれる政治スタイルが選挙で勝つなどのことが最近よく起こる、と言われています。
 
 この本の帯によれば、

イギリスのEU離脱
反イスラム、反エリート
トランプ米大統領誕生…

が例に挙がっています。
 
 日本でいえば、

「維新」の台頭

が例に挙げられています。

ところで、一般的に、「ポピュリズム」という言葉を使うときには、マイナスイメージで使われることが多いと思います。「インテリ」のような層が「ポピュリズム」というときなど特にそうです。

 この本が紹介する「ポピュリズム」の言葉の意味もいくつかあるのですが、たとえば、「国民に訴えるレトリックを駆使して変革を追い求めるカリスマ的な政治スタイル」(吉田徹氏)などの定義があるとのことです。
 
 「ポピュリズム」といわれれば、私としても「民衆を煽る」というようなイメージを抱きます。

 
 さて、この本では、「ポピュリズム」について、それが「悪いものである」とか「良いものである」という価値判断を離れて、

世界でどのような現象が起こっているのか

アメリカ、ヨーロッパ各国の「ポピュリズム」勢力はそれぞれどのような特徴を持つのか

「ポピュリズム」勢力が出てきた理由はどこにあるのか

「ポピュリズム」勢力が、その国の政治に与えた影響は何か

について客観的に分析されています。

 
 たとえば、「維新」の橋下氏の政治手法について、世の中では、

「敵を作って、人々を煽る手法はけしからん

「民主主義の正しいやり方ではない

という批判をする人も多いですが、ここの「けしからん」「正しいやり方ではない」かどうかをこの本は論じるものではありません。

 
 「良い」「悪い」「好き」「嫌い」を別にして、

なぜ「維新」が現れ、一定の支持を集めたのか

既存政党の行う政治には、どのような点で批判されやすい点があったのか(人々の不満の種がどういうところにあったのか)

「維新」が現れてから、既存政党の側が行う政治にどのような変化があったのか(既存政党側も以前はしなかったような「改革」をするようになったか)

などを分析しよう、という趣旨の本です。

 
 そして、ヨーロッパ各国の「ポピュリズム」勢力の紹介がとても興味深いです。

 要するに、ヨーロッパ各国(フランス、イギリス、オランダ、ドイツなど)の人民の隠れた「本音」を代弁するのが「ポピュリズム」勢力の傾向で、

移民・難民の受け入れ反対
反イスラム

などをストレートに訴える勢力が一定の支持を得る、という現象が各国であるようです。

 また、それと一緒に、

既存のエリート層の政治による「腐敗」を批判する

というのが加わってくることが多いようです。

 そして、「ポピュリズム」勢力が台頭してきた場合に、それが連立与党の一部などになる場合もあり、野党に止まる場合もあるが、いずれにせよ、

既成政党(特にそれまでの体制派)の側も、「ポピュリズム」勢力に批判される点(既存政治の「腐敗」と呼ばれる点)の改善、改革を意識せざるを得なくなる

ということが起こっているのも、各国ともみられる現象のようです。

 
 橋下氏や、トランプ氏のようなキャラクターの濃い人物(政治リーダー)がでてきたとき、ついついそのキャラの濃さから、人物に対する「好き」「嫌い」でモノを見てしまいがちですが、「好き」「嫌い」ではなく、


現状の政治の良い点、悪い点

(米大統領選挙)選挙結果などに表れた国民(人民)の考えはどういうところにあるか

政治がよりよい方向に向かうために、誰に、何が出来るか


を考えることこそ必要だと思います。
 そういう意味で「ポピュリズム」について冷静に分析するこの一冊は、とても視野を広げてくれ、また客観的な視点を与えてくれる良書だと思いました。

  神戸シーサイド法律事務所                             弁護士 村上英樹


 
 

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。