So-net無料ブログ作成
検索選択

弁護士「個人」の調査能力~続・弁護士は何でも調査できるのか? [弁護士業について]

 前回の記事

弁護士は何でも調査できるのか?
http://h-m-d.blog.so-net.ne.jp/2016-10-27

を書いた後、そうだそうだコレ言っとかないとと思ったことがあるので補足します。

 一般の方が弁護士に依頼して、

「普通ならできないことを調べることができる」

という場合には、こういう種類のこともあります。


 弁護士「個人」の人脈や経験によって、

普通の人は繋がっていない専門家に繋がっていること

などがあります。

 例えば、弁護士「個人」の人脈として、

・ 友達に医者が多い
・ 建築関係の専門家とのつながりがある
・ 芸能人の知り合いが多い(使えるか?ですが)

などがあります。

 また、弁護士「個人」の経験として、

・ 医療関係の案件が多ければ、医者や医療関係者に色々尋ねた経験があり、また何かあったときに「色々聞いてみる」ことができる。

とか

・ 難しい交通事故の案件を扱った経験が多い人の場合に、交通工学鑑定(車がこのスピードで走ってくれば、衝突後、損傷がこれくらい大きくなる、というような物理的な分析など)の専門家と接点がある(以前にも依頼したことがある)。

とかそういうことがあります。

 なので、弁護士の「権限」とかそういうものではないけれども、弁護士の経験や人脈によって、普通レベルではなかなか出来ない調査(専門家に意見を求める調査など)ができる場合があります。

 このあたりは、私たち弁護士としては、日頃から、知恵を借りることができる(また、必要なときには、逆に法律的なことを教えてあげられる)知り合いをたくさん作っておくこと、依頼案件をする中で出来た他の分野の専門家とのつながりを大切にしていくことにより、「自分の調査能力」をレベルアップしていかなければなりません。
 私としても、「自分の調査能力」の面でも、皆様に頼って頂ける存在になるべく、日々努力していきたいと思っています。
 

       神戸シーサイド法律事務所                             弁護士 村上英樹



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

ayu15

弁護士「個人」の人脈は他の世界でもありそうですね。


ここでふと思うに
韓国の騒ぎじゃないけど人脈が必要情報収集で重視させるのはどうなのでしょう?


法思想からみたらどうとらえられていますか?


むちゃくちゃな例え
A商店
付き合いのあるBさんには100円で販売
レアもの入れば頼まれる前に真っ先におとりおき


付き合いのないCさんには定価200円で販売
おとりおきしない。


これが大手販売店でなら?

誰しも人脈はいると思っているように思えます。(うちもです)

人脈でやるのははどの程度ならいいのでしょうか?

by ayu15 (2016-11-23 09:47) 

hm

ayuさん
 
 コメントありがとうございます。
 確かに「人脈」には、なにやら怪しげな響きが伴いますね。
 人と人との繋がり・協力という意味で、明るく、顔が広いということならよいのですが、不公正なことに繋がるのは良くありませんね。

 
by hm (2016-11-24 17:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0