So-net無料ブログ作成
検索選択

今や、漫画でもセッターは思いっきり主役です!~ハイキュー [スポーツ!!]

 女子バレー、リオ五輪最終予選が始まっています。
 ブログも「勉強」ばかりでは疲れるので、バレーの記事を書きます。

 伝説となるであろう名セッター竹下佳江選手の引退後、どうなることかと思いましたが、宮下遥選手が奮闘していい感じだな、と思いながら観戦しています。
 宮下選手のひたむきさ溢れる雰囲気は見ていて清々しいですね!

 さてさて、竹下選手、古くは男子バレーの猫田選手(古すぎる?)などファンの心をつかんで離さない名セッターもいるのですが、やはり、主役はアタッカーでは?特に、ドラマやアニメ・漫画ではそうなのでは?と思う向きもあるのではないでしょうか。

 否。今や、漫画でさえ、セッターは思いきり主役です。





 今のバレーボール漫画と言えば「ハイキュー」です。

 主人公は小さなアタッカー 日向松陽(ひなたしょうよう)君なのですが、彼とコンビを組むのが

天才セッター 影山飛雄(かげやまとびお)

です。準主役級の位置づけです。

 才能に恵まれながら、中学時代は自己中心的なプレーのためチームメイトの力を活かせない欠点を持っていたのが、高校に入り、日向松陽とコンビを組んで練習を重ねるうち心を通わせ、セッターとして一皮も二皮も剥ける急成長を遂げます。

 また、ライバル高校には、影山の先輩で、実力もルックスも抜群の

できすぎセッター(!?) 及川徹(おいかわとおる)

が登場します。
 影山よりも経験豊富で、個性の強いチームメイトにも硬軟織り交ぜて対応し、チームメイトの力を引き出す「トス」を的確に上げ続けます。
 ライバル校の主役の位置づけです。

 この漫画では、セッターは全く「地味」ではなく、超「花形」ポジションとして描かれています。
 セッターにスポットライトを当てた描写も面白く、また、昔のスポ根漫画とはひと味違って、対戦相手の強豪校の選手が強面(こわもて)なのに「高校生らしい、実にかわいい悩み」を見せていたりして、成長期の人間模様の描写もリアルで面白いのが「ハイキュー」です。

 さわやかなスポーツ漫画が読みたいなあ、という方にお勧めです!
 
 さてさて、今日の記事のテーマは「セッター」ということで、今日からも頑張れ、全日本のセッター宮下選手!!
 
                                     神戸シーサイド法律事務所
                                               弁護士 村上英樹                                               
 



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0