So-net無料ブログ作成
検索選択

もし、日本で「ニート罰金法」ができたら? [時事ニュースから]

 弁護士ドットコムで、ニュース記事にコメントを求められたので、答えています。

 http://www.bengo4.com/topics/3085/

 ベラルーシで通称「ニート罰金法」なる法律が出来たそうなのです。
 一定期間働かないと罰金を課される、という過激な法律です。

 日本でそんな法律ができたらさすがに憲法違反になるでしょうよ、というコメントをしています。

 ただ、世間の風潮として、単純に、

働かないのは悪い 罰金でも課せば良い

という発想になる人も多いだろうと思われるので、

そんな単純なものではないでしょう!

ということを言っておく必要もあるだろう、といったところです。

 職が得られないのを「個人の努力不足」等々と切って捨てるのは簡単でも、切って捨てて解決するものではない。

 社会が個人の努力を促し、また、個人の活躍の場を応援するものにするよう変わっていかなければ、という風にも思います。

                                           弁護士 村上英樹(神戸シーサイド法律事務所
 
  
 

nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 3

シルベーヌ

27条は「受給等で不利益を被る可能性があることを示唆したもの」
と聞いたことがあります…そうですね、自分も憲法違反だと思います。
by シルベーヌ (2015-05-15 06:15) 

ayu15

日本では普通に憲法違反の言論はあります。言論の自由もありますし。国際法違反の発言もあります。

居酒屋談義なら問題にならないでしょうけど
でもこれが意見として公的な場で主張されると不安です。
by ayu15 (2015-05-17 21:41) 

hm

シルベーヌさん
 コメントありがとうございます。
 憲法違反というのは個人に向けて言われることはないので…

ayu15さん
 ナイス・コメント有り難うございます。
 憲法と違った価値観を持つことも思想良心の自由ですが、国家権力(やそれを行使する立場の人)が憲法に反することを公然と言えばそれは問題ですね。

shiraさん
 ナイス有り難うございます。

心如さん
 ナイス有り難うございます。
by hm (2015-05-29 18:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。