So-net無料ブログ作成
検索選択

弁慶,デビルマン,亀田…ってなるかな [スポーツ!!]

 亀田だいき選手の反則行為が話題になっていますね。1年間の出場停止処分だそうで。

 ノーブルな性格の私は,元々,亀田ファミリーのノリが好きではありませんでした。

 で,やっぱり,内藤選手と亀田だいき選手とでは,現状で相当力量の差があるんだなあ,と感じました。でも,なんで,亀田はあんなに苛ついていたんだろう?と不思議になりました。

 さて,亀田ファミリーに処分,というわけで,完全に悪者扱い(というか,今回はもちろん悪い)わけですが,私は,将来的には亀田だいき・こうき選手らにはまだまだ十分にチャンスがあると思い,ここまできたら逆に復活を願います。

 「切腹しろ!」とかネットで書かれているけど,んなことしたら,死んじゃうじゃん!

 私が思うに,人には,

 世間的に非難を浴びた悪者は,一生刻印を背負って,日陰で生きろ!  

という一方的かつ短絡的な心だけではなく,

 「悪玉」が改心(?)して,行いを改め,真面目に努力をするようになった姿には,もともと善玉キャラだった人に対する以上に,賛辞を送り,応援する

という「赦しプラスアルファ」みたいな心があると思う。

 世界中どこでもそういう人の心があって,きっと日本人も例外ではないようです。

 古くは,「弁慶」もそうだし,アニメ「デビルマン」もそう。「悪魔の力身につけた~正義のヒーロー デビルマン デビルマン♪」です。

 ヤンキー先生なんかは,まさにそれが売り(売りすぎでしょうかね。「売り」というより「生命線」!?)。

 

 もともと悪かった荒くれ者が,「善玉」になると,余計に人は応援したくなる。

 つまり完全な善人・悪人がいるわけなくて,誰でも,よい心と悪い心が併存しているからこそ,その両面を曝しつつも自分なりに良くなろうとしている姿には,ついつい応援しちゃう,ってのがありますよね。

 だから亀田はチャンスかも。

 一年じっくり密かに練習して,そののち,普通以上にフェアプレーのボクサーになって,そのうえでガンガン勝ちまくれば,

「あの悪かった亀田がなあ… 変われば変わるものや」

と多くの人がいうようになって,逆に,亀田が年を取って体力が衰えてその時の若手ボクサーに追い込まれるときになると,

まさに判官贔屓で,多くの人が手に汗握って亀田を応援し,奮闘に涙するようになるかも

と思います。

 てなことで,まあ,「亀田バッシング」に明け暮れるのではなくて,ボクシング協会の厳正な処分により,またそれに直面して,亀田も他のボクサーも,もっともっとフェアプレーで質のいいボクシングをして,良い競い合いをして盛り上がっていけばいいな,と思ったのでした。


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 4

心如

亀田の反則は良くないに決まっています
しかし、なんであんな自分の負けを確定するような、まるで負けるために反則をしたのかは不思議でなりません
一歩間違えば、スタミナ切れのチャンピオンを抱きかかえて投げるぐらいのスタミナが残っているなら、まともにパンチを出せば、KO勝ちだってあったと思います
あんなにあからさまな反則を繰り返し、判定に持ち込めば負けて当然です
普通反則は勝つためにやるものですが、今回の亀田の反則は、負けるための反則だったとしか見えないのが不思議でなりませんが…
by 心如 (2007-10-16 18:59) 

hm

小父蔵さん

 同感で,私もなんかようわからんなあ…と不思議です。
 
by hm (2007-10-17 13:36) 

 ははは、デビルマンですか。面白い。
 ただ、私、話題の亀田家の人たちのこと、くだんの一戦後のニュースで初めて知ったんですわ。ですんで、あんまし語る資格ないんです。
 ただまあ、メディアってのは相も変わらず、目新しいものはうーんと持ち上げて商売道具しにて、ちょっと人気が陰るとまっ逆さまにたたき落としてまた商売してるんですねえ。こうやって、もうどれだけの若者を消費してきたんでしょうか。イチローや中田ヒデがメディア嫌いになるのもムリないですわ。
 私自身は、ボクサーは他のスポーツ選手よりはヤクザっぽくていいと思うんですが、それも程度問題でしょうね。
by (2007-10-17 20:31) 

hm

shiraさん

 そうですね。もともと亀田が持ち上げられていたのも,あのやくざっぽいモノ言いとかキャラによるものですもんね。
 
 仰るとおり,メディアに「消費」された感のある一若者としてみれば,今はむしろ亀田にも幸あれ!という風に,私は思った次第です。(持ち上げられていたときは,キライでしたし,今も好きではありませんが。)
by hm (2007-10-18 13:36) 

トラックバック 0