So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

【読書】2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する [読書するなり!]


2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する

2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する

  • 作者: 英『エコノミスト』編集部
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/04/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



 ノストラダムスの予言しかり,○年にはこうなる式の予言・予測にはなかなか勇気が要りますね。
 
 私自身も,間違いを恐れるので,将来については「○○になっている可能性もある」などという「不正解」にならない言い方をついしてしまいます。
 しかし,未来のことなど誰にも分からない,という開き直りに立って,「私はこう思う」とハッキリ言うのがいいように最近は思っています。

 さてさて話が逸れましたが,この本は,未来の私たちをとりまく世界について,現在分かっていることをもとにかなり精度の高そうな予言をしてくれています。

 たとえば,次のようなことです。


スマホを手に持つ などという状態は近い将来なくなり

AR(拡張現実)メガネを多くの人が着用するようになり

それが,コンタクトになり,さらには,眼球にAR機能が埋め込まれるようになる。

 つまり,何も装着しなくても,ネットを介して世界と,ビッグデータと繋がっている状態になる。

 すごく便利になるが,それは,プライバシーの大部分と引き換え。

 逆に,プライバシーは富裕層だけの贅沢品になる。


 帯によれば,この本は,「AI,自動車,バイオ,農業,医療,エネルギー,軍事,VR,拡張現実など20の分野を徹底予測」とあるとおり,上記はほんの一例で,2050年の世界の予測を多方面で書いている本です。

 予測には外れも当たりもあるでしょうが,これから世界が進んでいく道のイメージが湧きました。
 読んでいて「それっていいこと?」という疑問は色んな箇所で湧きましたが,それはそれとして。

 私自身の未来予測としては,技術の爆発的進歩の中で,究極的には,技術の進歩 と 人の本当の望み,幸せ とがいかにマッチするか(しないか,させられるか),という課題がより鮮明に人類に突きつけられるのだろう,という気がしています。
 私は,技術の進歩の価値に懐疑的というわけでもなくて,例えば,人の愛情の対象も技術の進歩によって変わっていくのかなあ(人間以外の存在にも人間相手同様の愛情を抱く,など。愛情,自然の情の問題なので良いも悪いもないですね),それはそれで新たなジャンルの小説が産まれるのかもなあ,などと思ったりしています。

 弁護士の仕事も激変するだろうけれども,逆に変わらない本質(トラブルに見舞われた人のしんどい状況を改善し,より明るい方向に繋げていく)も明確になるだろう。
 私の思う大切な価値を実現する,ということは変わらず仕事をしていきたいと思います。

 

民法改正~債権法改正法成立 [法律案内]

 共謀罪法案が一番の焦点だった今国会ですが,5月26日に,民法の一部を改正する法律(債権法改正法)が成立しました。
 公布から3年以内に施行だそうです。

 何が改正されたのか?
 大切な改正ポイントを3つ紹介します。

1 消滅時効
  
 これが大きいです。
 今まで消滅時効といえば,種類毎に細かく分かれていました。
  
 私が所属する神戸シーサイド法律事務所のHP中の解説↓
  http://www.kobeseaside-lawoffice.com/soudan/1490/

 これが,単純化され,

 債権一般の消滅時効は,原則として…

  権利を行使し得ることを知ったときから 5年
  
 あるいは
  
  権利を行使し得るときから 10年
 
 のいずれか早い方となりました。

2 法定利率

 これは以前の記事でも書きました。

http://h-m-d.blog.so-net.ne.jp/2016-11-28 民法改正されたら~法定利率は3%からの変動制

 現在の民法所定の法定利率は年5%です。
 たとえば,借金をして遅延した場合には何も定めがなければ年5%の遅延損害金を払わなければなりません。
 年5%の金利は,今の経済状況ではものすごく高いですよね。

 改正法では,法定利率は,まず年3%となります。その後は,「緩やかな変動制」になります。経済情勢によっては上下するということになります。

3 個人保証人保護

 保証人になって,本来自分の借金出ないのに,本来の債務者(「主債務者」といいます)がお金を払わないから,自分も破産しなければならなくなった,というケースは多いのです。

http://h-m-d.blog.so-net.ne.jp/2008-09-12 石井慧GJ!(グッジョブ!)~保証人なるな!

 こういう実情もどうか?という点があって,

 事業用貸金債務についての保証について,

保証の意思があるという旨を公正証書で公証人に表示するルール

ができました。

 保証人になってくれ,といわれて「よしわかった」という場合でも,公正証書を作らなければならないというルールの中で,じっくり考える機会を持たせたほうがいい,という改正です。

 「保証」は,自分が借金を負ったと同じ意味を持ちますから,ね。


 以上です。
 特に「時効」ルールの変更などは大改正です。
 民法は基本の法律です。
 ですので,この改正内容について,私たち弁護士は当然熟知しなければなりませんので,勉強!です。


 


RadiCro 第8回  [法律案内]

私が担当するインターネットラジオ番組の6月号です。

 こちらから ↓
 http://www.kobeseaside-lawoffice.com/radio

 今回は、

・3:30頃~ ニュースのツボ「教育授業料の無償化について」
・17:50頃~ 法律相談「主婦の交通事故について」

です。

 教育費無償化は現在,与党野党ともに積極的に議論する状態になっています。

 どれくらい国のお金が要るのか?
 財源はどうするのか?
 「憲法改正」と関係があるのか?

についてトークしています。

 交通事故については,主婦の場合に「休業損害」「逸失利益」をどう考えるのか?をメインに解説しました。
  
   神戸シーサイド法律事務所                             弁護士 村上英樹


灘校土曜講座(有権者教育)行ってきました [だから,今日より明日(教育)]

18920635_1366803490061934_2101846217457967016_n.jpg 

 6月3日(土)に,私の母校である灘校(中学,高校あわせて灘「校」と呼びます)に,

有権者教育 タイトル「有権者となる灘校生の歩き方」

として90分授業に行ってきました。
 
 兵庫県弁護士会の憲法出前講座です。

 昨年は,神戸鈴蘭台高校で全校生徒900人対象の有権者教育の講座を行いました。
 そのときの記事→ http://h-m-d.blog.so-net.ne.jp/2016-12-16

 今回,灘校では,受講希望者約30名に対する講座ということなので,全校生対象だった神戸鈴蘭台高校のときとは,また違ったコンセプトでやってきました。

 その模様を紹介したいと思います。

1 18歳になって初めての選挙には「行く」が8割
 

続きを読む


ドーハの悲劇 [スポーツ!!]

 
サッカー日本代表 vol.3(1993ー1994―世界への挑戦 ドーハの悲劇 (ベースボール・マガジン社分冊百科シリーズ)

サッカー日本代表 vol.3(1993ー1994―世界への挑戦 ドーハの悲劇 (ベースボール・マガジン社分冊百科シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2010/09/28
  • メディア: ムック



 先日新聞で,サッカーワールドカップのアジア枠が

4.5枠 → 8枠

になる,というニュースを読みました。

 そのとき,私が思い出したのは,私が高3のとき「ドーハの悲劇」のことでした。

 アジア最終予選の最終戦イラク戦で,ロスタイムにまさかの同点ゴールを決められ,日本はワールドカップ初出場を逃しました。

 当時はW杯のアジア枠は2。
 日本は一度も本戦出場したことがなく,初のワールドカップ本戦出場が決まるという歴史的瞬間が近づき,実況のボルテージも上がっている中… 
 
 イラクのショートコーナーから,まさかの同点ゴール
 そして試合終了のホイッスル
 グラウンドに座り込んで動けないラモス瑠偉などの選手たち
 手を伸ばして選手たちを起こしていくオフト監督

 テレビの前の私も,しばらく固まって動けなかった。

 私のスポーツ観戦は,忍耐の時代で,

高2(1992) 阪神が亀山・新庄の活躍で優勝争いするも,ギリギリで優勝を逃す
        (ヤクルト優勝)

高3(1993) ドーハの悲劇

と,夢に手が届きそうで届かないもの,そんな光景を焼き付ける高校時代でした。
 高校時代ですから,スポーツ観戦からも「心の栄養」が欲しかったのですが,つらいドラマがたくさん,でした。
 なんか神様って「もうあと少し」を見せるだけ見せて,残酷やなあ,というシーンばかりをみた記憶があります。
 そういえば,リレハンメル五輪で,スキージャンプ日本代表の団体戦。「金メダル目前」でまさかの「原田失速」というのも高3でした。

 でも!

 当時,

 FA補強などは少なく,巨人に比べて見劣りする戦力でも優勝争いをした92年の阪神タイガース選手たちの勇姿



 アジア枠2という狭き門に挑み,死闘を繰り広げたサッカー日本代表

も,私の中ではまちがいなくヒーローでした。
 葛西,原田らの日本スキージャンプ陣も。

 さて,そのころのアジア枠2からすれば4倍の「8」。

「そんなん!じゃあ,『ドーハの悲劇』は何やったの?」

「日本は楽々出られるやん」

という街の声もあるようですが,いやいや,何枠であったとしても,ワールドカップ出場がかかる予選はどこの国も必死。
 そのときの戦力なりに,一番勝つ可能性が高い作戦を徹底してくる。
 決して甘いものではないでしょう!
 本戦出場の確率は高くなるだろうけれども,予選が「死闘」であることに変わりは無い。

 アジア枠増大は,ワールドカップ出場枠全体の増加(32→48)によるもの。

 ワールドカップ本戦も熱いものになること,また,サッカーが各地でさらに発展してよりエキサイティングな戦いがみられること,を楽しみにしているところです。

 神戸シーサイド法律事務所                             弁護士 村上英樹

 
 

RadiCro 第6回  [法律案内]

私が担当するインターネットラジオ番組の4月号です。

 こちらから ↓
 http://www.kobeseaside-lawoffice.com/radio

 今回は、

・2:30ころ~ ニュースのツボ「共謀罪について」
・19:40ころ~ 法律相談「遺産相続について」

です。
  
 前半は,今国会で争点になっている「共謀罪」。
 みなさんは,賛成?反対?
 「警察に強力な権限を与える」ことが犯罪防止に役立つかも知れない,という反面,一般市民も(私もあなたも)監視される対象になるかも知れない(それをどれだけ甘受するか),という視点からこの法案を考えてみよう,という話。

 収録途中,スタジオセットの設置型マイクの先端部分を私が誤って引っこ抜いてしまうというハプニングがありました(それで音声が乱れています)。
 
 後半は,「遺産分割」(相続)の問題です。
 これはオーソドックスな事例を取り上げました。
 当事者同士で話し合いができない場合は,通常,家庭裁判所の調停を利用します。
 そこで行われる遺産分割の基本的考え方を解説しました。
 不動産はどう分けることが多いか?など。


   神戸シーサイド法律事務所                             弁護士 村上英樹


5/13「交通事故・労働災害による重度障害者の人生の回復に向けて」

 私の加入している神戸リカバリー研究会がシンポジウムを開催します。
 
 この研究会は,交通事故などで重度障害(高次脳機能障害,頸髄損傷など)を負った方がどうやって人生のリカバリーをしていくかについて,当事者と各種専門家(弁護士など法律職,医師,看護師,理学療法士,作業療法士,医療ソーシャルワーカー,研究者など)が共同して研究する会です。
 
 各専門家がばらばらに動くのではなくて,今より滑らかに繋がって当事者の方の支援ができるように,というコンセプトで動いています。

 関心のある方は,下記案内の連絡先に申込の上,ご参加頂ければ幸いです。

 神戸シーサイド法律事務所                             弁護士 村上英樹


シンポジウム チラシ 最終_ページ_1.jpgシンポジウム チラシ 最終_ページ_2.jpg

裁判所と弁護士会の共同企画~交通事故研修会 [法律案内]

 先日(3月末),私が所属する兵庫県弁護士会で

交通事故訴訟の研修会

がありました。
 弁護士向けの研修会です。

 私は,この研修会のパネルディスカッションで,「被害者側弁護士」の立場でパネリストを務めました。

 この企画は,弁護士会と裁判所が共同して企画したものです。

続きを読む


延命処置どうする?~「エンディングノート」の話 [くらしと安全(交通事故その他)]

 私は,相続の前後の法律相談を受けることや,成年後見業務で高齢の方の仕事をすることが多々あります。

 家族も,成年後見人も,病院スタッフ(医師,看護師)も直面する課題に,

本人(高齢者など)の容体が悪くなり,意思がない状態で,「延命措置」を行うか?

というのがあります。

 具体的には,

続きを読む


きっと元気になる!「微分」の魔法~新・高校生の皆さんへ [「微分」の魔法]

 春です。

 ということで,唐突ですが,いよいよこの春から高校生,という方に向けこの記事を書きます。
 
 ジャスト高1でなくても,中高生,大学生の方がこの記事を見つけて読んで下さったとき,

きっと,読む前よりも元気が出る!

自分は大丈夫だ!

と思えるように,学生の皆さんに私が伝えたいことを書いてみたいと思います。


《1》 はじめに
 
 中高大の学生時代というのは,初恋や部活での感動体験など,そのときにしかないような素敵なこともたくさんありますが,日々の暮らしはかなり大変な時期です。

 何が大変か,というと,

他の子のことが気になって仕方がない

ということ,「他人との比較」です。

 

続きを読む


前の10件 | -